So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

リニア新幹線2014年着工か??

  • mixiチェック
  •  

    日本経済新聞によると、JR東海は29日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の本格的な試験走行を始めた。
     
     
     
    営業仕様の新型車両「L0系」を使い、最高時速500キロメートルで走行。
     
    従来の2.3倍に延伸した全長約43キロメートルの実験線で高速走行時の車両性能の確認のほか、ガイドウエイと呼ぶ線路の上をスムーズに走行できるかなど営業運転に向けた試験を繰り返す。
     
     リニア新幹線は東京品川名古屋間を40分、東京―大阪間を67分で結ぶ。27年に名古屋まで、45年に大阪までの全面開業を目指しており、
     
    来年度から本格的な工事に着手する。
     
    来年度って2014年ですよね。これも景気刺激策になるのかな??

    無料で読書!! [本]

     
     
    これは生まれて初めて本を2冊書いたので
     
    ぜひ、みんなに読んでもらいたくて記事にしました。
     
    両方とも短編なので1冊20分くらいで読めます。
     
    退屈な方は読書にチャレンジしてみてください。
     
    すべて無料です!!
     
     
     
    やっぱり、俺には作家は向いていませんね。
     
    この2冊で終わりにします!!
     
    ごめんなさい!!
     
     

    エッ!?マジですか!? [本]

    img153.jpg

    アメリカ空軍の教科書には、

    異星人たちは少なくとも5万年前から

    地球にやって来ているとの記述があったそうです。

    異星人たちは、人間の持っている感情や心や魂に

    興味を示しているようです。


    永遠と続く進化の中で、人工知能に限りなく近づいた彼らが、

    進化の過程で失ってきたパワフルで大切なエネルギーなのです。


    なぜそういう事を言うのかと、いうならば、

    世界中で行われている彼らの地球での人体実験が、

    そうしたものを探るものだったからです。

    異星人たちは、恐らく生態学者や科学者や医者になって

    あるいは知識を与えて、人類にまぎれて活躍しているのでは。



    永遠の命

    img111.jpg

    最近、「ES細胞と」か「iPS細胞」という言葉を耳にする。

    要するに人間の体のどの部分でも人工的に作れてしまうというものだ。

    そう遠くない将来に、人類が自らのアバター

    手にする日もそう遠くではないだろう。

    特殊な細胞を用いなくても、

    人工心臓や人工内耳などは、もう実用化されている。

    人工的な肉体に、人間の魂や感情や記憶を載せる事ができれば、

    永遠の命の誕生である。

    人類がはるか昔から夢見てきた事が、

    かなう日もそう遠くはないだろう。


    キューバ革命 [映画]

    チェ・ゲバラをご存知ですか?

    キューバ革命をカストロと共に戦った革命の獅子である。

    わずか、82人で2万人のキューバ兵を倒した英雄である。

    img152.jpg
    img152.jpg

    キューバ革命は彼を20世紀最大のカリスマにした。

    その20世紀最大のカリスマは、なぜ革命を起こそうとしたのか??


    21世紀のキーワード [本]

    21世紀のキーワードは、

    脳と宇宙であろう。

    どちらも、人類にとって、いまだに未知の世界だからである。

    img151.jpg

    あるアメリカの財団では、この二つのテーマに

    最新鋭のテクノロジーを使って、

    本格的にこれらのテーマに取り組み始めている。

    我々、日本も決して出遅れてはいけない。


    生きているうちに、


    宇宙旅行やアバターの操縦をしてみたいですね。


    レア本です!! [本]

    この広い宇宙に人類の他にも宇宙人はいるだろう!!



    でも、距離が遠すぎて地球に来る事は出来ないのでは??



    と、よく言われる。



    だが、ライト兄弟が初めて空を.飛んだのは1900年ころ。



    百年後の今では、火星や金星に探査衛星を

    送るようにまでなっている。



    このままのペースで科学技術が進歩すれば、

    宇宙旅行も夢ではなくなる。





    地球ができたのは、約46億年前。



    47億年前に生まれた星があったら



    単純計算で、人類よりも1億年進んだテクノロジ―を

    持っているはずだ。





    宇宙旅行は十分に可能であろう。

     この事実は、国際連合も認めている。

     

    img150.jpg


    超能力

     

    img149.jpg

    世界中に、超能力者っていっぱいいますよね。

    あれって、遺伝子が違うんだと思います。






    遺伝子が、突然変異したか?


    あるいは、人類の進化の過程で


    機能しなくなった遺伝子が

    再び活性化したか?








    人類は脳の20パーセントしか使っていないのをご存知ですか?

    人類は、進化の過程で多くの能力を


    失ってきたと考えられます。

    だから、使われていない脳や遺伝子が多く存在するのです。








    人類の起源・・・・・・・・・・


    超能力者や、異星人や、古代人の研究が、


    答えを出してくれるかもしれませんね。







    ちなみに、あるサイトでは、現在地球に存在している人類は、


    16~20万年前に異星人によって遺伝子操作をされて作られた生命体だ


    という説を採用しています。


    地球に、住んでいた原住民は遺伝子操作によって一気に進化したのです。


    まさに、新人類の誕生です。


    我々は、自らを、ホモ・サピエンス(新人類)となずけています。







    なぜなら、ホモ・サピエンスは、人工的に作られた生物なので


    脳の20パーセントしか使われていないのです。



    遺伝子も同様です。





    体の中でもっともよく使われる脳が


    退化することはあり得ないからです。


    種の進化の過程で、脳のような重要なものが退化してゆくなど


    ありえないからです。


    進化してなくなった尻尾とはわけが違います。






    意図的に遺伝子操作したとしか考えられません。


    目的は何なのか??


    異星人に聞いてみなくちゃ解りませんね。難問ですね!!


    古代人


    超能力者っていますよね。

    あれって、遺伝子が違うんだと思います。




    遺伝子が、突然変異したか?

    あるいは、進化の過程で機能しなくなった遺伝子が

    再び活性化したか?






    人類は脳の20パーセントしか使っていないのをご存知ですか.?

    人類は、進化の過程で多くの能力を失ってきたと考えられます。






    古代人の研究が、答えを出してくれるかもしれませんね。




    img148.jpg
     



    目の保養になる写真雑誌

    インカ帝国の空中都市遺跡「マチュ・ピチュ」
    生きているうちに一回は、訪ねてみたいですね。
    img146.jpg
    ここ数年、海外旅行も行ってなかったので
    パスポートが期限切れになってしまいました。
    申請すると5万円くらいかかるのかな??

    前の10件 | -

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。